便秘とダイエット

プロボクサーは、排便のプロであると言われています。ボクサーは、体重測定を受けて、試合に出る権利を得ます。体重測定の当日の朝までに、指定された体重まで落とすことが、プロボクサーの仕事です。彼らは、どうすれば排便がうまくいくかをよく知っています。だから体重測定に朝には、キチンと指定された体重にまで、落とします。落とせなかったら、髪の毛を剃ったり、その辺を走ったりして、1グラム単位で体重を落とします。

 

便秘と減量サプリメント

「最近、太ったナ」と思えば、それは便秘が原因であると言えます。だから、最近では、ダイエットサプリメントと言いつつ、便秘薬が配合されているダイエットサプリメントが売られています。しかし、そういうサプリメントに頼っていても、便秘は本来的に解消されることはあまりありません。一時的に、便がよく出ることはあります。便秘薬のお陰です。便秘薬は、医療用の薬の場合もありますし、ハーブを配合していることもありますし、食物繊維を配合していることもあります。どれも、腸に一時的に刺激を与えて、お通じを良くしているのです。

 

腸を健康な状態にしてみましょう

しかし、どれもこれも「一時的なダイエット」にしかなりません。根本的には、腸内の環境がボロボロなので、便秘になっていることがほとんどです。
腸内の環境が良くない原因は、食べすぎか食べなさすぎのいずれかです。食べすぎると、腸はオーバーワークになって、お通じは思うようにいきません。常に腸が疲れているので、腸内で便がかたちづくられないのです。食べなさすぎとは、ダイエットに代表されるような生活です。栄養素のバランスが悪く、腸にとって超でたらめな食事になっています。よく「食物繊維が不足している」とか「善玉菌が少ない」とか言われますが、食物繊維も、善玉菌も、ビタミンもミネラルも、ありとあらゆる栄養素が不足をしていて、ようするに栄養失調状態なのです。
そういう状態にあると、自律神経が正しくはたらいていないので、便は作られないし、便意を催すことも減ってきます。

 

正しいダイエットと便秘

食事制限をすると、便秘になります。便秘になると、太りやすい体質は完成しますが、痩せやすい体質になりません。ダイエット中に食べたくない気持ちはわかりますが、バランス良く食べないと、効率の良いダイエットにならないのです。食べて出す。これを健康的に毎日繰り返すことが、代謝を高めて、痩せやすいカラダをつくるのです。バランス良く食べましょう。食べて、気持ち良く出すモノを出しましょう。このサイクルをベースに、ダイエットプログラムを組みましょう。食べたら太るのは、食べすぎなのです。便秘になるのは、食べなさすぎなのです。そのちょうどいい間をとること。これが便秘解消にいい食事の量です。

ダイエット中はどうして便秘になってしまうの?関連ページ

自律神経の乱れと便秘
便秘改善には睡眠を